スポンサードリンク

青汁の摂り方の工夫


青汁と言うと、どうも抵抗がある(美味しくないという先入観?)方が多いかもしれませんが、
最近は、緑効青汁など、各メーカーから飲みやすくより栄養価の富んだ青汁が発売されています。

現代の食生活では野菜不足が指摘されているだけに、こういったものを上手く利用して
健康管理に役立てたいですね。

ただ、始めたとしても長続きしなければ、意味がありません。

味には、個人の好みもあると思いますので、飲み方としてはそのまま飲むのはもちろん、
色々と自分流にアレンジして飲むのも楽しいものです。

楽しく飲むことも、長続きをさせるコツと言えるでしょう。

例えば、リンゴやレモンといった果物などを加えて、より飲みやすくするというのも1つです。
場合によってはソーダ−割りというのも、ちょっと変わった感じで良いですよ。

さらに定期的に忘れず摂るということでは、料理のソースなどに応用してみると、
一挙に健康レシピの出来上がりです。

あまり熱を加えるのは好ましくありませんが、野菜サラダなどにかけるソースであれば、非常にオシャレです。

おもてなしの料理に加え、お客様を驚かせてあげましょう(^o^)

飲む青汁から、料理に利用する青汁へと意識を変えれば、また違った楽しみ方が出きると思いますよ。

こういった工夫をすることで、楽しく青汁を摂ることができますし、
健康のためならず、利用することへの興味も増すでしょう。

【青汁の最新記事】
posted by ao at 11:11 | 青汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青汁は、続けられる健康飲料


青汁は、食物繊維を多く含み、体に良い事は、広く知られています。
そのため1つの健康法として飲み続けている人も多いのではないかと思います。

しかしながら、こういった健康法に限らずですが、長続きする人は、わずかな人であったりします。
特に口にするものになると、美味しと感じられるものでなければ、余計に続けることはできないでしょう。

そう考えますますと、たとえ健康のためとは言え、継続することは至難の技です。

以前は、青汁というと鼻を摘んで飲んだりということもあったのかもしれませんが、
今は、緑効青汁をはじめ各メーカーから、美味しく飲みやすいものがたくさん出ています。

まずは、以前のイメージ的なものを取り払い、飲みやすい健康飲料と言う意識から始めるべきでしょう。

自分で青汁なるもの作るとなると手間隙がかかります。また、ジューサーを使うと栄養素が壊されかねません。細かくされればされるほど、空気にも多く触れ、せっかくの栄養素も失われてしまうことになるのです。

その上、繊維質までもが壊されてしまっては、何のための飲み物かもわからなくなってしまいます。やはり
こう言った手軽さ、栄養面なども含めて考えますと、飲みやすくなった市販の青汁を選ぶ方が良いでしょう。

続ける要素に味は大切ですが、健康成分を効率的、かつ手軽に撮れるといった面にも、
しっかり目を向ける必要があると思います。


トップへ戻る→緑効青汁にみる青汁の選び方目
posted by ao at 14:24 | 青汁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。